これも、更年期?イライラや多汗だけじゃない、意外な症状

女性ホルモン分泌が減少することが原因で月経に乱れが生じる更年期障害は、45~55才の女性に多く発症します。

しかし、更年期の始まりには個人差があり、「30代に突入してすぐに更年期になった」という方や「50才を過ぎても、何の症状もない」など、その差はさまざま。

そんな更年期障害は、発症する年齢だけでなく、症状の幅も広く、「これも更年期なの!」と驚くこともあります。

では、更年期の意外な症状には、どんなものがあるのでしょうか。
オールインワンゲルで美白

更年期障害の主な症状

更年期障害といえば、イライラしたり、汗がジワジワと出てきたり、まだ更年期を経験していない方でも、代表的な症状は理解していますよね。

けれど、わかりにくい症状も意外に、更年期が原因な場合もあります。

更年期障害、はっきりとわかる、身体の特徴的な症状

卵巣から分泌される女性ホルモン、エストロゲン。50才前後には、急激に分泌が減少し、脳へと影響を及ぼします。

特徴的な症状は、身体の変化です。めまい、頭痛、のぼせ、倦怠感など、思うように体が動かなくなってしまいます。

脱毛器の口コミを見る

心の変化も更年期障害にはある

さらに、精神的なストレスや不安感、やる気がでない等、心の変化も更年期障害の症状です。

「なぜ、できないの…」と落ち込んだり、「私だけ…」と不安な気持ちを呼んでしまったりと、憂うつになり自分を責めてしまうこともあります。

治らないと思っていた!こんな更年期の症状もある

更年期障害は、開始し始める年齢の幅も広く、いつの間にか始まっている場合も多々あります。さらに、自分でも気が付きにくいのに、症状がバラバラで、不安を呼んでしまっているのも、治療から足が遠のいてしまう原因の1つです。

自律神経の乱れから出てしまう、下痢、食欲不振、喉の渇き

興奮している時に働く「交感神経」とリラックスしている時に働く「副交感神経」、これらのバランスが乱れてしまい、自分の意志ではコントロールできない状態になってしまうのが、更年期障害です。

たとえば、食欲がない、食べ物に原因がないのに下痢をするなども自律神経が乱れていることの証拠。ホルモン補充などの治療で元に戻ります。

また、喉に常につかえたような重みを感じたり、渇きを感じたりすることもあります。

認知症じゃなかった!物忘れも更年期が原因かも

加齢が原因と思ってしまいがちな物忘れ、物覚えの悪さも更年期障害の症状の1つ。認知症かもしれないと感じてしまうかもしれませんが、https://kounenki-kyoukasyo.jp/や漢方で改善することもあります。

無理をしないで、更年期障害

更年期障害には、人それぞれにスタートする年齢、症状、種類もさまざまな個人差があります。ひどい頭痛や肩こりも、ホルモンが減少しているからかもしれません。

治らないと焦るよりも、病院で1度、診断してもらうと良いでしょう。

また、気分転換の運動やサプリで改善することもあります。試してみましょう。

更年期は症状を抑えつつ無難に乗り切ることを優先しよう

更年期は男女ともに本来訪れても不思議ではありません。しかし、実際に更年期症状を訴える人の割合は、圧倒的に女性が多いことが知られています。

個人差が大きな更年期障害は、人により全く自覚症状が無いまま過ごす人も少なくありません。では、なぜ更年期症状には自覚症状の有無に差が大きいのでしょうか。原因を正しく理解すれば、更年期を無難に乗り越えることが出来ます。

更年期の原因を理解する

女性に多い更年期障害は、自律神経の乱れによりホットフラッシュや動悸・息切れといった症状が出ます。

自律神経をコントロールしている脳の視床下部にある脳下垂体は、ホルモン分泌量をコントロールする命令を出す器官でもあるわけです。更年期症状が、ホルモンバランスが崩れたことによるものだと知っていれば、対処方法が見えてきます。

エストロゲンの急激な減少が原因

女性に更年期症状が多く見られる原因として、交感神経と副交感神経のバランスを調整する命令と、女性ホルモン分泌命令を出す器官が同じ視床下部の脳下垂体であることが考えられます。

卵巣から分泌されるエストロゲンは、閉経時期の5年前頃から急速に卵巣機能が老化により低下し、エストロゲン分泌命令が脳下垂体から出ても分泌量を確保出来なくなるわけです。

血中のエストロゲン量を増やすために、脳下垂体が分泌量を増やすよう命令を出し続けることで、自律神経調整まで手が回らずに脳下垂体が混乱してしまいます。

更年期障害は対策次第で緩和出来る

脳下垂体の混乱により女性の更年期障害が発生するならば、エストロゲン量が急激に減少しないように体内で調整すれば良いわけです。ホルモンバランスが急激に変化することが無ければ、脳下垂体の混乱が収まるので自然に症状が緩和されます。

複数の対処方法を比較して自分に合った方法を選ぶ

更年期の症状を緩和する方法として、次の3種類の方法がよく知られています。

  • ホルモン療法
  • 漢方薬投与
  • 更年期対策サプリメントの服用

症状が強く緊急性が高い場合には、エストロゲンを直接注射する方法を行うことが即効性あります。一方、ホルモン療法には乳がんリスクという問題があるので、なるべく自然な形でホルモン量を調整したいならば、漢方薬の投与が有効な方法です。

更年期は10年近くと長く続くので、漢方薬を継続的に服用して体調管理を行えば、更年期の症状が辛いという状態を避けられます。更年期症状が深刻では無ければ、更年期対策サプリメント服用により、緩和を目指すと良いです。

更年期は周囲の理解と冷静な判断で緩和出来る

更年期に起きる症状は、周囲の人からは分かりにくいので、本人が自覚していなければ周囲から教えてあげることも時には必要です。本人よりも年上の人からのアドバイスがあれば、誤った対処方法を行うことが無く更年期の辛い症状から開放されます。