「更年期障害」を上手に乗り切る方法とは?

生きていれば必ず誰もが通り抜ける「更年期」。

「更年期」は一般的には40代半ば~50代半ばに訪れることが多いといわれていますが、すんなり通り抜けてしまうことができる人もいれば、長い期間に渡って「更年期障害」と呼ばれている症状に悩む人もいます。

では「更年期障害」とは、具体的にはどのような症状のことをいうのでしょうか?

また、もし「更年期障害」かなと思った場合、どうやって判断すべきなのかということについて見ていきましょう。

「更年期障害」の主な症状とは?

「更年期障害」の症状は、人によって様々です。

ひとつの症状が重く出る人もいれば、いくつかの症状が重なって出てしまう人もいます。

主な症状としては、下記のようなものがあります。

のぼせ・ほてり

「更年期障害」を自覚するきっかけとなることが多く、一般的には「ホットフラッシュ」とも呼ばれている症状です。

場所や時間、さらにはそのときの状況などに関係なく、いきなり顔がほてったり、汗が止まらなくなってしまいます。

落ち込みやイライラなどの精神的な不調
元々の性格に関係なく、原因があるわけでもないのに、ささいなことにイライラしたり不安になって落ち込んだりする精神的な症状です。

自覚して気づく場合もあれば、家族や周囲にいる人にいわれて気づくことも。

原因不明の持続する倦怠感
病院で検査してもどこも異常は見つからないのに、とにかく体がだるくて仕方ないという症状です。

めまい・耳鳴り
ホルモンの変化によって、自律神経系のバランスがくすれがちなことによって起きる症状です。

もしかして更年期障害?と思ったらすべきことは?

体調が優れないことが続き、「もしかしたら何か病気にかかってしまったかも」と思い、病院で検査を受けても何も異常は見つからない場合。

もし年齢的に「更年期障害」かもしれないと思ったらすべきことは、何よりも婦人科の診察を受けてみることをオススメします。

「更年期」かどうかということは血液検査でわかり、悩みの症状が「更年期障害」なのかどうかについても相談することもできますよ。

まとめ

「更年期障害」は、昔から「血の道」とも呼ばれてきた症状です。

大切なことは、やみくもに不安にならず、「更年期」であるということを受け止め、毎日出来る範囲でおおらかな気持ちでいること。

日常生活の中で続けやすいストレッチを取り入れてみたり、お散歩してみたりすることによって気分転換をはかるのもよいでしょう。

「更年期障害」に良いといわれている栄養素を、食事に取り入れてみたりするのもオススメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です