更年期障害とうまく付き合っていこう。

更年期障害って?

更年期障害という言葉をよく耳にしますよね。女性にとっての更年期障害は、エストロゲンという女性ホルモンが体内であまり作られなくなることで引き起こされる様々な症状のことをいいます。

今回は、更年期障害について正しい知識を持ち、うまく付き合っていくポイントについて紹介していこうと思います。

更年期障害とは?

エストロゲンというホルモンは、思春期頃から分泌が増えます。主に妊娠を助けたり、女性の体の機能を正常に保つ働きをしています。

そのため高齢とともに、このホルモンの分泌が減少すると、体のところどころに不具合が出てきてしまうのです。一般には40歳ころからエストロゲンの分泌が減るといわれています。

主な症状とは?

症状としては、疲労感・ほてり・頭痛やめまい・腰痛・肩こり・不眠・発汗などを自覚する人が多いです。また、落ち込みやすい・イライラするといった精神的な症状を感じる人もいます。

もともと落ち込みやすかったり、イライラしやすい人は、更年期になるとさらにその症状が強くなる場合があります。これらの症状の程度や期間には個人差があるといえるでしょう。

治療法について

治療法には薬による治療法と、ストレスを緩和させる方法の2種類があります。更年期障害はエストロゲンの分泌減少が要因であるため、このホルモンを補う方法があります。

ホルモン補充療法によって、体内の女性ホルモンの量が増えます。良い点は、ほてりや発汗といった症状の緩和がありますが、悪い点として、乳房が張ったり、吐き気を催したり、子宮筋腫など女性特有の病気が悪化する場合があります。

女性特有の病気を持っている方は、医師とよく治療法を相談するようにしてください。また、それぞれの症状に合わせて漢方薬や向精神薬を使う方法もあります。それぞれ使用する場合は、作用だけでなく副作用についても確認しておくようにしてくださいね。

更年期障害とうまく付き合うコツって?

1誰かに相談しよう

更年期障害はストレスが影響していることも考えられます。そのためストレスを溜めないようにすることが大切です。症状について1人で悩むのではなく、家族や友人など気の許せる相手に話してみてください。そうすると心が軽く楽になるかもしれません。

気分転換をしストレスを溜めないようにしよう

悩んで家にこもっていると悪い考えばかりが浮かんでくることもあるでしょう。落ち込んだりイライラしやすい人はさらに症状が悪化するかもしれません。外に出たり、自分の趣味に没頭したりするなどして気分転換を図っていきましょう。

バランスのとれた食事をとろう

食事においてもバランスを心がけることが大切ですね。大豆には女性ホルモンに似た成分であるイソフラボンが豊富に含まれています。そのためサラダと一緒に食べたり、納豆や豆腐などを意識して食べるとよいでしょう。

まとめ

更年期障害とうまく付き合っていくコツについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

注意しなければならないのは、更年期障害だからといって、自覚症状を放置しておくことです。治療をしてよくならない場合は、ほかの病気が隠れていることもありますので、更年期障害と決めつける前に病院にいって診察を受けることが望ましいでしょう。

症状が続くとつらいこともあると思いますが、自分なりの対処法を見つけて健康的に日常生活を送ることができるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です